あなたはつるし雛を知っていますか?

つるし雛とは、様々な小さなお人形を作って、それを全部吊るすというものです。

つるし雛の由来

つるし雛が始まったのは、江戸時代だと言われています。その頃お雛様を購入できる裕福な家庭はまれで、せめてお雛様の代わりに愛する子供や孫のために手作りで、初節句を祝おうという切ない気持ちで、お母さんやおばあちゃん、叔母さんから近所の人たちで、みんなで少しずつ小さな人形を作り、持ち寄って「つるし雛」が作られ始まりました。

つるし雛に込められた意味

 つるし雛は、全体的に「衣食住に困らないように」との願いを込めて飾られるものです。

人形に込められた意味

「犬」:子宝と安産を願って。

「いのしし」:多産と無病息災の象徴。

「苺」:赤い色で厄除け。

「ハマグリ」:貞節の象徴。娘の幸せを願って。

「羽子板」:災厄を祓う縁起物。

「這いこ人形」:はいはいをたくさんして元気に育つように。

「花」:花のように可愛らしく育つように。

「鳩」:神の使い、平和の象徴。

「春駒」:財運に恵まれ、仕事が順調に進むように。

「人参」:健やかに成長するように。

「ホオズキ」:子供や女性のお守り。婦人病に悩まされないように。

「唐辛子」:悪い虫がつかないように。

など、まだまだたくさんあります。

つるし雛の種類 

つるし雛と言えば一般的に「吊るすタイプ」を想像しますが、「床に置くタイプ」、机や棚の上に飾れるような「ちびっこタイプ」「台付きタイプ」など、種類は豊富にあります。

「吊るすタイプ」は、下から見上げる「つるし雛の華やかな世界」が楽しめる形です。

「台付きタイプ」は、そのまま色々な場所におけるので、自由な飾り方を楽しむことが出来ます。

「床置きタイプ」は、門のように置けるユニークなつるし雛。ひとつひとつお人形がよく見えて、視界に入る面積が大きく、この珍しい形がインパクト大のタイプです。

「ちびっこタイプ」は、その名の通りコンパクトで場所を選ばなつるし雛です。

つるし雛ゆかりの地 

つるし雛の風習は全国でも珍しく、静岡県では「雛のつるし飾り」、福岡県では「さげもん」、山形県では「傘福」と呼ばれ親しまれています。

この3つの地域が、歴史的な背景や由来・文献等の残るゆかりの地となっており、併せて「全国三大つるし飾り」とも呼ばれています。

福岡県柳川のひなまつりに飾る「さげもん」は、江戸時代の末期より女の子が生まれた家に「初節句のお祝い」として、布の端切れで小物を作り飾ってお祝いしたのが始まりで、ひな壇の両脇に飾られ、縁起の良い小物が吊るされ、一つ一つ袋ものになって物を入れることができるのが特徴です。

静岡県の「雛のつるし飾り」は、江戸時代後期より「つるし飾り」が作られるようになり、「ひな人形」の代わりとしてひな祭りに飾られました。静岡県では、古くからひな人形などに使われる木工細工が盛んで、現在でも多くの手工芸品が作られています。

山形県の「傘福」は、開いた傘の下にぐるりと布をめぐらし、その傘の下に、様々な意味合いの縁起物を吊り下げるのが特徴です。

まとめ

高価なひな人形を買えなくても、子供を思う気持ちから生まれた心のこもった小さな手作りのお人形があることに驚かされました。

貴方も飾ってある人形の意味を考えながら鑑賞してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする