トランプ大統領が日本に与える影響

第45代アメリカ大統領にドナルド・トランプ(Donald John Trump)さんが就任予定です。

暗殺されない限り

トランプ大統領で米軍基地がどうなるか?

まず、現状と変わらないと思います。
なぜなら、アメリカにとって日本は世界戦略上重要な場所だからです。
このことをトランプ大統領に補佐が教えてあげればわかると思います。

以外かもしれませんが、アメリカの大統領といっても、共和党は国内中心で海外の情報に弱いので、
誰かがしっかりサポートしないと世界に多大な影響を与えてしまいます。

基地費用について

もし基地費用を日本が100%もつ場合は、アメリカ軍が傭兵化したことを意味します。
また、アメリカ軍が日本から撤退した場合、日本独自で国防を考えることになります。

つまり、自衛隊が軍として正式に動きやすくなるのです。
これは、日本が主権を回復したことを意味します。
主権とは、独自に国を守る力を持ち、他国の影響を受けることなく決断ができる状態です。

また、現在ロシアとの話が進んでいます。
北方領土の開発に日本とロシアでしようという話です。

資源価格の下落で、ロシアは苦しい状況で、日本にガスを供給したいのです。
ヨーロッパにもガスを提供していましたが、クリミア半島の件で問題を抱えています。
※ロシアの収入の7割はエネルギー(ガス)です。

ただし、日本は北方領土の件で、ロシアにあまり良い印象を持っていません。
第二次世界大戦で日本が降伏した後に、ロシアが日本を占領してきた為です。
しかし、実はこの占領は、アメリカが日本とロシアを仲良くさせないように仕組んだ楔だともいわれています。

それが、なぜ今この状態になってるのか?

アメリカの力が、以前より落ちているのが原因です。

アメリカの力が弱まり、安倍政権がアメリカの許可なくロシアと手を組むことが出来れば、
日本は、アメリカとロシアを同盟国とし、主権も回復するというシナリオが出来ます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする