2018年 鹿児島夏の風物詩 7月1日から「六月灯」始まり!!

鹿児島県内最大規模の六月灯が間もなく始まります。

 

六月灯(ろくがつどう)とは

旧暦の6月(現在は7月)を中心に鹿児島県の神社・寺院で行われる祭りです。鹿児島県を中心に旧薩摩藩領だった地域で行われる行事で、宮崎県の一部(都城市)でも開催されます。

六月灯が開催される神社や寺院では、和紙に絵や文字を書いた灯籠が飾られ、歌や踊りが奉納されます。また、境内及びその周辺では縁日が立ち並び多くの人々で賑わいます。

※県民には「ロッガッドー」の呼び名で親しまれています。

六月灯の由来について

島津光久が鹿児島城下の新昌院(現鹿児島市新照院町)の上山寺の観音堂を再建した折、旧暦6月18日に沿道に灯籠をつけさせたので、檀家でもこれにならって灯籠を寄進したのが始まりと言われています。

発祥の地について

新照院町では基本的に毎年7月最終日曜日に町内会主催で六月灯を開催しています。

照国神社六月灯情報

照国神社は城山の麓にある島津家28代斉彬公を祀る神社で、境内には色鮮やかな絵が描かれた灯籠が奉納され、様々な夜店が立ち並び、大勢の人でにぎわいます。

場所:照国神社

住所:鹿児島市照国町19-35

開催日・期間:2018年7月15日(日)・16日(月)

※毎年7月15日・16日

交通アクセス:「公共交通」JR鹿児島中央駅より徒歩約20分、バスで約10分「天文館」バス停下車徒歩5分、市電で約10分「天文館」電停下車徒歩5分

駐車場:混雑が予想されるため、公共交通機関を利用

お問い合わせ:099-222-1820

鹿児島の夏の風物詩、六月灯はここからスタートします。

八坂神社六月灯

鹿児島の六月灯は毎年7月1日この神社からスタートします。

京都の八坂神社(祇園神社)を12世紀に勧請したものと言われていて、現在でも7月には本家、京都と同名の「祇園祭り」が執り行われている。

※鹿児島では親しみを込めて「おぎおんさあ」と呼ばれている。

場所:八坂神社

住所:鹿児島市清水町26-1

期間:2018年7月1日(日)

※毎年7月1日

交通アクセス:「公共交通」鹿児島駅前出口から徒歩約11分

お問い合わせ:099-247-1464

ロケ地にもなった古い神社の六月灯

一之宮神社六月灯

一之宮神社は天智天皇の時代(626-672)より続いていると言われる古い神社の1つ。「六月燈の三姉妹」のロケが行われました。島津氏が初代忠久公から18第家久まで毎年正月には必ず参拝していたと言われています。1950年、境内から弥生時代の集落跡が発見され話題となりました。

場所:一之宮神社

住所:鹿児島市郡元2-4-27

期間:2018年7月9日(月)

※毎年7月9日

交通アクセス:「公共交通」鹿児島市電中郡駅より徒歩約5分

お問い合わせ:099-254-0092

歴がありながらも美しい社殿の六月灯

伊佐智佐神社六月灯

6世紀より伝わるという県内最古の神社の一つです。紀伊国(和歌山県)熊野本宮と新宮を幾多の変遷の後、現在の鹿児島市和田に遷座したと言われています。老朽化していたが、2012年に新装され、その美しい社殿が地元で評判になっています。

場所:伊佐智佐神社

住所:鹿児島市和田町

期間:2018年7月9日(月)

※毎年7月9日

交通アクセス:「公共交通」鹿児島交通「和田名」バス停から徒歩2分

お問い合わせ:099-266-0700

鹿児島神社のロッガッドーで親しまれている六月灯

鹿児島神社六月灯

鹿児島神社の六月灯では、露天の出店はないが、それでもお祭りの気分をふんだんに感じられます。

場所:鹿児島神社

住所:鹿児島市草牟田2-58-3

期間:2018年7月18日(水)

※毎年7月18日

交通アクセス:「車」鹿児島駅から約10分、鹿児島駅から徒歩約40分

お問い合わせ:099-222-9380

六月灯の優しい灯りが出迎えてくれる

建部神社六月灯

建部神社は武岡トンネルの上にある珍しい神社です。トンネルの脇にある坂道を登ると、六月灯の優しい灯りが出迎えてくれます。

場所:建部神社

住所:鹿児島市武3-26-5

期間:2018年7月19日(木)

※毎年7月19日

交通アクセス:「公共交通」鹿児島中央駅より徒歩約15分

お問い合わせ:099-258-1466

抜歯等を供え斎行する特色あるお祭り
松原神社六月灯

松原神社は歯の神と称えられており、全国虫歯予防デーに因み件歯科医師会主催により抜歯等を供え斎行しています。

場所:松原神社

住所:鹿児島市松原町3-35

期間:2018年7月23日(日)

交通アクセス:「公共交通」鹿児島市電「天文館通」電停より徒歩7分

お問い合わせ:099-222-0343

鹿児島市などは7月に入ると毎晩のように市内のいろいろな所で六月灯が催され月末まで続いています。とても賑やかで今から楽しみですね。

皆さんも六月灯に出掛けてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする