【Please? Will?】英語で何かを頼みたい時に使うフレーズとは?

英語を習ううえで基礎はとても大事になります。

ここでは、英語初心者(著者も含め)が分かりやすいようにまとめたいと思います。しかし、いかんせん初心者がまとめたものなので、間違っている場合や、ニュアンスが異なる場合がありますのでご容赦ください。

『~しなさい。』と頼む

命令口調は、文章の先頭が動詞で始まる。例えば、

You eat this bread.(あなたはこのパンを食べる)

↓命令文に換えると

Eat this bread(パンを食べなさい)

このように、命令形では動詞を先頭に置くことで相手に命令する表現となる。よく使うシーンとしては、親しい間柄での会話や緊迫したシーンでよく使われている。

命令文についてもっと詳しく知りたい人はここで紹介している。

英語の命令文の使い方は?mustとどう違うの?

『~してください。』と頼む

命令文よりもやわらかい物腰で頼む場合のフレーズである。ここでは Plrease  を使うことでそれを表現することができる。例えば、

Sit down,Please(座ってください)

Please,Be quiet(お静かにお願いします)

このように、Please を使用することで『どうか~してください』とやわらかい物腰で命令することができる。英語初心者でも一度は聞いたことがあるフレーズだろう。

『~してくれませんか?』と頼む

Please よりもより丁寧な表現を使いたい時にこのフレーズが活躍する。例えば、

Will you sit here?(ここでは座ってくれませんか?)

Will you be quiet?(お静かにしてくれせんか?)

このように命令ではなく、相手に判断を委ねて動作を促している。様々なビジネスシーンで使われるので覚えておこう。

シーンごとにフレーズの使分けをしよう

今紹介したフレーズは、どれも相手に行動を促す文法だったが、同じ意味でも相手への伝わり方が違ってくる。『~しろ。』と言うと強制されたニュアンスになり、『~してください。』と言うと強制ではあるが物腰が柔らかく感じる。『~してくれませんか?』と言うと、相手に判断を委ねられるので、より命令感が少なくなる。

アナタがどの目線で、相手にお願いをするのかをしっかり考えてフレーズ選びをする必要があるだろう。今回は相手に何かを頼むシーンでの文法を紹介したが、他にも様々なフレーズを使い分けていかなければならない。初心者のうちが一番大変なので、私も頑張って覚えていかなければならないと感じる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする