世界の食の祭典「おりんぱく」鹿児島初開催!!

平成29年5月19日(金)~5月28日(日)の10日間、アミュ広場にて「世界の食の祭典おりんぱく」が初開催されます。海外料理を提供している鹿児島市内の飲食店13店舗が出店し、世界13ヶ国15品の海外料理が登場します。

参加する13ヶ国とは

パラグアイ・メキシコ・フランス・イタリア・アメリカ・タイ・中国・バングラデシュ・ベルギー・オーストラリア・ポルトガル・ハワイ・台湾です。

参加する国の15品の海外料理とは

チョリタコス・チリコンカルネ・キッシュ・マルゲリータ・ホットドック・トムヤムグンラーメン・油淋鶏・ナンカレー・ベルジャンフリッツ・オージービーフステーキ・ペリペリチキン・ハワイアンレインボーソフト・台湾マンゴーかき氷・おにぎり&薬膳スープ・さつまのぬく寿司となっています。

※ 日本ならではのおにぎりも参加です。

個人的に気になった料理を紹介をしますね。

まず、メキシコの「チリコンカルネ」です。

日本では、チリコンカンと呼ばれるメキシコのソウルフードみたいです。豆やひき肉に激辛のハラペーニョをプラスした、スパイシーな煮込み料理みたいですよ。

※ハラペーニョとはメキシコを代表する青唐辛子のことです。

次にフランスの「キッシュ」です。

キッシュとは、パイ生地やタルト生地の中に野菜や肉など入れて、卵とクリームで作ったアパレイユという生地を流し込み、オーブンで焼いた料理です。フランス・ロレーヌ地方で日常的に食卓にあがる伝統的なお惣菜のようです。

※地方の郷土料理からフランスを代表する家庭料理となったようです。

次にベルギーの「ベルジャンフリッツ」です。

ベルギー発祥のフライドポテトのことみたいです。いつも食べているフライドポテトと味の違いを知りたくなりました。

最後はポルトガルの「ペリペリチキン」です。

ペリペリチキンとは、鶏肉を24時間ペリペリソースに漬け込み、焼いたものだそうです。

今回は、ハーブやレモンを使った、各家庭ごとにオリジナルペリペリソースが決め手の「recife」特製ソースで食べるようです。楽しみな一品です。

※ペリペリソースとは、ポルトガル出身のシェフが考案した唐辛子のソースのことです。辛さのレベルはマイルドからエクストラホットまでの4種類あるようです。

色々な国の料理を食べてみたいけど料理の値段。気になりますよね。

安心してください。一つの料理の金額が300円から800円と求めやすく、家族とか友達同士で色々な国の料理を楽しむことが出来ますよ。

開催場所の詳細

  • 開催場所・会場:アミュプラザ鹿児島アミュ広場
  • 住所:鹿児島市中央町1-1
  • 料金:入場無料
  • 開催日・期間:5/19(金)~5/28(日)
  • 開催時間:11:00~20:00
  • 電話:099-812-7700アミュプラザ鹿児島代表電話(10:00~21:00)

個人的感想

ただ心配な事は、ナポリ祭の時も感じましたが、待ち時間がどの位かかるのだろう?という点はありますが、鹿児島市だけでも今回出店するお店以外に、慣れ親しんでいる韓国料理のお店とか、天文館公園の近くには、フィリピン料理のお店などがあり、鹿児島に住んでいて海外の料理を楽しめることに幸せを感じています。

5月19日(金)~5月28日(日)開催される世界の食の祭典「おりんぱく」で、食べた事のない海外の料理を満喫しましょう!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする