鹿児島秋の風物詩 「第67回おはら祭」11月2日・3日開催

歴史の長いおはら祭 あなたも一緒に踊ってみてはいかがでしょうか?

昭和24年に市制施行60周年を記念して始まった「おはら祭」は、南九州最大の祭りとして発展してきており、第67回を迎える今年は、明治維新150周年を記念して開催されます。

2万人を超える踊り手が、鹿児島を代表する民謡「おはら節」や「鹿児島ハンヤ節」「渋谷音頭」にあわせて練り踊る「総踊り」を中心に、躍動感あふれるダンス「オハラ21」、「パレード・マーチング&伝統工芸」、多くの子供達でにぎわう「YOU遊広場」など、いろいろな催しが行われます。

【開催概要】

・期間:平成30年11月2日(金)、3日(土・祝)

・踊りゾーン:高見馬場~いづろ~桟橋通りを結ぶ電車通り約1,480mの区間

・お問い合わせ先:099-808-3333

・駐車場:なし

[22月2日(金)夜祭り]内容

・時間:午後6時45分~午後9時

・会場:高見馬場~いづろ~桟橋通り

・内容:総踊り、おごじょ太鼓競演、鹿児島親善大使任命式

[11月3日(土・祝)本祭り]

・時間:午前10時20分~午後5時

・会場:高見馬場~いづろ~桟橋通り

・内容:〈1部〉総踊り、おごじょ太鼓競演

〈2部〉パレード・マーチング&伝統芸能

〈3部〉総踊り(踊り連コンテスト)、おごじょ太鼓競演

〈4部〉ダンス「オハラ21」

『明治維新150周年記念企画』

大河ドラマ「西郷どん」の出演者の招聘(しょうへい)や、明治維新150周年を記念する西郷どんパレード・コンテストの実施など予定です。

【鹿児島花電車】

おはら祭に合わせて、鹿児島市内をライトアップした「花電車」が賑やかに走っているのが頭に浮かぶと思います。

※一般車両がライトアップするのではなく、工事用の電車を専用の花電車としたものとなり、そのため乗車はできません。祭り期間中は交通規制の為運行していませんが、天文館電停に停車しているようです。

【おごじょ太鼓】

おごじょとは鹿児島の方言で女性のことを言います。そのため演奏は女性がメインで、勇ましい太鼓と笛の音色は、かっこ良くも美しくもあり素敵ですよ。(^^♪

【公共交通機関でのアクセス】

鹿児島へは九州新幹線を利用されるととても便利です。九州新幹線の終点「鹿児島中央駅」が、一番の最寄り駅となります。

ここから徒歩で15分ほどで、メイン会場の天文館通り付近となります。

また、鹿児島中央駅から市電を利用して、交通規制の関係で「高見馬場」電停で降りて少し歩くという方法もあります。

おはら祭の主なスケジュールの時間

※昨年度をベースにした予想になる為、おおよその時間になります。

11月2日(金) 「夜祭り」

18:45~   鹿児島親善大使任命式

18:54~   おごじょ太鼓

19:20~   総踊り

11月3日(土・祝) 「本祭り」

10:20~10:30(第1部) おごじょ太鼓

10:40~12:10   総踊り

12:20~13:45(第2部) マーチングと伝統芸能

13:50~14:00(第3部) おごじょ太鼓

14:00~15:30   総踊り

15:35~15:45(第4部) おごじょ太鼓

15:35~16:35  ダンスオハラ21

※10:20~16:30 You遊広場(みなと大通り公園で、ステージ・飲食)

※お出かけの際の時間の参考にして下さい。

鹿児島おはら祭りは、飛び入り可能な時間があるようなので、おはら踊りが踊れる方は参加されても楽しいと思います。また、参加されなくても子供から大人まで楽しめるおはら祭りで鹿児島の秋を満喫されてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする