【2017年最新】カレーや甘酒も?夏バテを回復するあの食べ物とは!?

まだまだ暑い日が続いていますが、みなさんは夏バテしていませんか?

今回はこの暑い夏を乗り切るための強い味方、夏バテ回復の食べ物を紹介します♪

これを身に着けて、アナタのみならずご家族や友達にも教えることで、夏バテせず快適な日々を過ごしていきましょう♪

夏バテとは?

人間の体は、暑くなるとその暑さに対応して体温を調節しますが、その体温調節機能が気温の変化に対応できず、働かなくなると、自律神経調節機能が低下し、食欲がなくなったり、体調がすぐれないなどの体の不調が現れる症状を「夏バテ」といいます。

夏バテの原因

水分や栄養不足を始め、強い疲労や睡眠不足、炎天下に長時間いたり、暑い室内での仕事や運動などで、激しい体力を消耗してしまう事などが主な原因のようです。

夏バテ気味の方に良い食べ物

カレーライス

カレーライスには、様々な香辛料が使われており、体に良い成分を一度にとることができます。ちなみに香辛料は漢方に使われる成分の別名です。

※シナモンはケイヒ・ターメリックはウコン・フェンネルはウイキョウ・クミンはウマゼリ・ナツメグはニクズクのようです。

唐辛子

辛み成分であるカプサイシンには、胃液を分泌する働きがあるので、食欲不振を解消します。

梅干し

クエン酸には疲労回復の効果があります。また、胃を刺激して食欲を促進させる働きもあります。

豆腐

豆腐は良質のタンパク質で、栄養価も高くお勧めです。

チーズ

チーズの良い点は、少量でも栄養価が高く、夏バテ時に必要な栄養素を含んでいる点です。

うなぎ

スタミナ豊富で、栄養価も高く、夏バテ時に必要な栄養素も含まれています。

豚肉

豚肉に含まれるビタミンB1は、体内に吸収されると疲れの元である乳酸をエネルギーに変えて疲労を回復してくれます。

鶏肉

鶏肉に含まれている良質なタンパク質は、胃腸の働きを強化・促進する効果があります。

ホットミルク

牛乳には、豊富なミネラルとタンパク質が含まれているため、夏バテで疲れた体の回復させるには良い飲み物となります。また、冷たいまま飲むよりも温めて飲む方が回復を早めてくれます。

枝豆

夏バテに効く食材は、ビタミンB1やビタミンC・タンパク質を多く含んでいます。

グリンピース、そら豆、インゲン豆、さやえんどうもこれらの成分を多く含んでいます。

キムチ

キムチに含まれる辛み成分が胃を刺激し、酸味が疲労回復を促進してくれます。

夏バテに最高のスペシャルドリンクは「甘酒」

甘酒は飲む点滴とも言われていて、具体的には、ビタミンB群(B1、B2、B6)・食物繊維・ブドウ糖・アミノ酸・葉酸など甘酒1本で、大体の栄養がカバーできる優れものです。

作るよりコンビニで済ませる方の為に

・お弁当を買うときは色々な具材が入っている幕の内弁当がお勧めです。

・麺類が食べたいときは、ビタミンB1が豊富なそばがお勧めです。特にオクラやとろろなどネバネバ系食材が入っていればなおOKです。

・おかずはビタミン、ミネラルが豊富なメニューを選ぶといいですよ。

・飲み物は、水やお茶を飲むようしましょう。

・デザートは、腸に優しく、タンパク質やカルシウムなど栄養価も高いヨーグルトが最高です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

疲労回復の効果のあるビタミンB1・クエン酸を中心に、ミネラル・タンパク質を多く含んでいる物で、胃腸を刺激し、食欲を取り戻すものがベストになります。

これらの食べ物で快適な日々をお過ごしくださいね♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする