【七草がゆを食べてますか?】効果とレシピを紹介!

七草がゆに入れる「春の七草」知っていますか?

今まで「1月7日は七草だから七草がゆを食べて、1年間病気をしないように」という、親からの言い伝えで深く考えていませんでした。

そこで今回「春の七草」に関する事を深く調べてみました。最後には、「七草がゆのレシピ」も紹介します。

七草がゆを食べるタイミング

お正月の三が日が過ぎ、松の内の最後の日に当たる1月7日は、春の七草です。

松の内とは、門松を飾っている期間(1月7日迄)という意味です。また、神様に待っていただいている期間という由来もあります。

※地域によっては15日の所もあれば10日という場合もあるようです。

この日に七草がゆを食べるご家庭が多いと思います。

スポンサーリンク

七草がゆの由来

春の七草といって、七草がゆを食べる1月7日は「人日(じんじつ)の節句」という五節句のひとつです。

五節句とは?

1年に5回ある季節の節目の日(節目)のことで、1月7日(人日じんじつ)、3月3日(上巳じょうし)、5月5日(端午たんご)、7月7日(七夕たなばた)、9月9日(重陽ちょうよう)を指しています。

古来日本には、雪の間から芽を出した若菜を摘む「若菜摘み」という風習もありました。

そして、お隣の中国では前漢時代に、元旦は鶏、2日は狗(犬)、3日は猪、4日は羊、5日は牛、6日は馬、7日は人、8日は穀と、それぞれを占って新年の運勢を見ると共に占いの対象となるものを大切に扱っていました。

中でも、7日の人の日は、人を大切にする「人日」という節句でした。

また、唐の時代には、「人日の日」に七種類の野菜を入れた汁物、「七種菜羹(ななしゅさいのかん)を食べて、無病息災を祈りました。

時は流れて、平安時代になると中国の風習や行事が、多く日本に伝わって来るようになると、「若菜摘み」と「七種菜羹」の風習が交わって「七草がゆ」が食べられるようになりました。

そして、江戸時代になると、幕府が「人日の日」を「人日の節句」として五節句の1つと定めます。

これによって「1月7日に七草がゆを食べる」という風習が民衆に広がり定着したと、言われています。

七草がゆの具材の意味と効果

芹(せり)=「競り勝つ」

 解熱効果や胃を丈夫にする効果、整腸作用、利尿作用、食欲増進、血圧降下作用など、 

 様々な効果があります。

薺(なずな)=「撫でて汚れを除く」

 別名をぺんぺん草と言います。利尿作用や解毒作用、止血作用を持ち、胃腸障害や

 むくみにも効果があるとされています。

御形(ごぎょう)=「仏体」

 母子草(ハハコグサ)のことです。痰や咳に効果があります。のどの痛みも

 やわらげてくれます。

繁縷(はこべら)=「反映がはびこる」

 はこべとも呼ばれます。昔から腹痛薬として用いられており、胃炎に効果があります。

 歯槽膿漏にも効果があります。

仏の座(ほとけのざ)=「仏の安座」

 一般的に、子鬼田平子(こおにたびらこ)を指します。胃を健康にし、食欲増進、

 歯痛にも効果があります。

菘(すずな)=「神を呼ぶ鈴」

 蕪(かぶ)のことです。胃腸を整え、消化を促進します。しもやけやそばかす

 にも効果があります。

蘿蔔(すずしろ)=「汚れない清白」

 大根のことです。風邪予防や美白効果に優れています。

※七草がゆには、菘(すずな)と蘿蔔(すずしろ)は葉の部分を、薺(なずな)は花芽を持つ前の若芽を利用します。

スポンサーリンク

七草がゆの作り方

七草がゆは、お正月の間に食べ過ぎたり、飲み過ぎたりと負荷をかけた胃腸に優しいお粥です。

七草がゆの材料

まずは米と水の分量ですが、生米:水が1:8の割合で、米1/3合(大さじ4)に水500ml

これでだいたい軽めの2人分くらいになります。

春の七草は市販品のパック売りされているものが便利です。ゆでるとかなりカサが減るので、2人分にすべて使い切ります。

七草の下ごしらえ(※お粥を炊いている間でもOK!)

1.まず、すずしろ(大根)とすずな(かぶ)の実は、小さけれべ皮ごと食べやすい大きさに切ってから薄切りにします。

2.ティースプーン1杯くらいの塩を加えた湯を沸かし、おかゆと違和感がないくらい少し柔らかめにゆでます。(目安は2~3分)。ゆで上がったら取り出してお皿やバットにあげておきます(ゆで湯は葉っぱに使うので残しておきましょう)。

3.葉っぱはため水の中でさっと洗い、残った鍋の湯を再度沸騰させ、すずななどの太い茎をはじめにい入れ、火が通れば残りの七草を入れてさっとゆでます。すぐにざるに上げて冷水にとり、冷めたら軽くしぼって粗く刻みます。刻んだものは再度水を軽くしぼっておきます。

七草がゆ調理開始!

米は少量ですが軽く研いでから水気を切り、分量の水を加えます。浸水させる必要はありませんので、すぐに火にかけます。煮立つまでは中火、煮立ってきたら弱火にします。

煮立ったタイミングで、焦げ付きを防ぐため、しゃもじを使って一度底からかき混ぜてあげます。一度しゃもじで混ぜたら、あとは混ぜる必要はありません。蓋を少しずらして置きじっくり40分ほどコトコトと炊きます。

※一番弱い火にしても、蓋のずらし加減で吹きこぼれることがあるので、吹きこばれにだけは注意してください!

おかゆが炊けたら、味つけに塩をひとつまみほど加えて、ゆでておいた七草を入れて軽く混ぜてあたためます。

おかゆを美味しくいただく忘れがちなポイントが【できたてを食べてもらうこと】なので、すぐにお椀によそって食べてもらうといいと思います。

※基本は塩味ですが、子供が小さい時に少しお醤油を足しても美味しかったです。

まとめ

七草の持っている効果のあまりにも多い事に驚きました!

この記事を御覧いただいた皆様も、1月7日に七草がゆを作り一年間無病息災であるように祈っております!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする