日本は韓国化している

韓国に近い、九州の北部では昔から韓国との交流があります。

この交流は、国から貿易を規制されていた時代も交流があったようで、
なかなか切り離せない関係にあるようです。

島国の日本ですら隣国と切り離せない関係にあるのですから、
地面がつながっている大陸の国はもっと切り離せないことでしょう。

韓国は、日本とは海を挟んで分かれていますが、中国とは陸続きです。
ですから中国の文化が沢山はいってきました。

また中国はかつて世界一の技術を持ち、周りの国に影響を与えていました。
※火薬、羅針盤、活版印刷は中国伝来のものを改良して作られたものです。

その中に、儒教の考え方があります。
儒教とは一言でいうと「年長の人を敬うこと」なので良い話なのですが、
それが行き過ぎて、年長者の意見に反対できないという側面があります。
こうした文化は日本にも入ってきました。

ですが、年長者が間違う場合もあります。
そして、新たな文化を受け入れることは、年長者が勧めてきた文化を否定することにつながり、
新しい文化を排除する傾向が強まりました。

明治維新の時、島津斉彬(なりあきら)が勧めてきた日本版産業革命も、
斉彬が亡くなるとともに、引き継ぐ人がいなくなりました。

これは、この排除思考があったからだと思われます。

中国がずっと世界一の国だったら、この考え方もよかったのですが、
残念ながら、新たな文化を受け入れられない体質が、国を弱くし、
一方で、西洋が力をつけていいき、近代では圧倒的に西洋が強くなりました。

こうした状況の中、日本は西洋化に成功し、経済的に豊かになります。
アジアの国でも珍しい成功です。

そんな日本ですが、最近は偏向報道が盛んにおこなわれ、根本とは
まったく違うところの討論をして、事実の重要な部分を報道しません。
政権を貶めるだけの印象操作が行われています。

韓国をみていると、韓国の大統領はみな最後、悲惨な結末を迎えています。
なぜ自分たちで選んだ人を、あそこまで叩けるのか良くわかりません。
ですが、最近の日本に同じような様なものを感じます。

そして、韓国は、大きな中国と、発展した日本に挟まれたのに加え、
アメリカが日本を牽制するために、韓国に反日教育を施しました。
韓国内は、かつての両班(貴族)階級と、一般の人々との差が埋められず
優秀な人でも、大企業への就職が決まらないと、海外を目指した方がいい状況です。

こうした韓国の姿をみていると、日本も他人事ではない気がして、
だんだんと日本が韓国化しているように見えるのでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする