【鹿児島市のみなさんへ】2018年1月からゴミの出し方が変わります!

今から年末に向け大掃除をする機会が多いと思いますが、来年1月からゴミの出し方が変わる事、知っていましたか?

今回は、日常生活していく上で欠かす事の出来ない「ゴミ出し」についての情報を提供させて頂きます。

新しいゴミの分別「3つのポイント」

【その1】「金属類の日」が始まる!

一番大きく変わる事は、「金属類の日」が始まる事です。

これまで「燃やせないゴミ」として、埋め立てていた「金属製品」と「電化製品」を、毎月1回水曜日に収集し、資源化するようになります。

金属類としては

鍋・やかん・フライパン・炊飯器・扇風機・ビデオデッキ・掃除機・電気ポット・アイロン・傘

その他

水筒・ざる・おたま・包丁・ナイフ(紙に包む)・はさみ・針金ハンガー・ゴルフクラブ・三輪車・一輪車・食べ物や飲み物以外の缶・缶や瓶の金属製のふた・アルミ箔・プリンター・ドライヤー・トースター・ホットプレート・体重計

「金属類」と間違えやすいもの

ミシン・電子レンジ・カセットコンロ・ガスレンジ・ストーブ(石油・ガス)

これらは「粗大ごみ」となるので間違えないようにしましょう。

※エアコン・テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機

これらは収集しないので、販売店に相談しましょう。

小型家電は、「東京オリンピックのメダル」に生まれ変わるので回収ボックスへ入れましょう。

対象品

携帯電話・デジタルカメラ・電子辞書・小型ゲーム機・電卓・コード等

回収場所

本庁・各支所・商業施設などに設置してある小型家電回収ボックス

※詳しくは「ゴミ出しカレンダー」をご覧ください。

【その2】古紙が出しやすくなる

これまで「紙箱・包装紙など」と「雑誌類」に分別していたものを、ひとつにまとまてだせるようになります。

雑紙

紙袋・はがき・本・雑誌・紙箱・包装紙・カレンダー・封筒・用紙

その他テッシュペーパーの箱(取り口ビニールは付いたままで可)、投げ込みチラシ、ラップの芯などの紙全般

※紙袋に入れて出せるようになります。

ラップの芯や小さな紙(名刺サイズ以上)も出しやすくなります。従来通り、ひもで束ねても出せます。

注意:「新聞・チラシ」、「段ボール」、「紙パック」、「雑誌」の4種類に分けてそれぞれ出してください。

【その3】衣類の対象が増える

衣類の対象が増えます。

これまでの古着に加え、毛布やシーツ、タオル、ハンカチ、帽子などを「衣類」として収集します。

※手を加えずそのまま使用できるものに限ります。

新たに「衣類」の対象になるものの例

毛布・カーテン・タオル・ネクタイ・帽子

注意:衣類の日に出せないもの(間違いやすいもの)

下着(燃やせるゴミ)・靴下(燃やせるゴミ)・布団(粗大ゴミ)となります。

ゴミ出しの方法

新しく始まった「金属類」や「衣類」は、45リットルまでの透明の袋に入れて出してください。

あなたは資源物やごみの分別方法に悩んだことはありませんか?

鹿児島市では、資源物・ごみ分別アプリ「さんあ~る」を配信中です。

このアプリには、分別方法を手軽に検索したり、資源物やごみの収集日をお知らせする機能のついているようです。

※「AppStore」「Playストア」で「さんあ~る」で検索されるか、詳しくは鹿児島市のホームページをご覧ください。

個人的な感想

ゴミ出しカレンダーの種類が青色と緑色とでもわかれているようでした。

また、便利なアプリがあることに今回初めて知りました。早速ダウンロードして活用したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする