自然の恵みを堪能しよう!オーガニックフェスタかごしま2017を開催!

当日は、鹿児島県内の農家らが集い、有機農業で育てた野菜やオーガニックフードの販売があります。

また、キッチンブースでは原材料にこだわり、すべてオーガニックで作られた料理を楽しむ事も出来ます。

特別イベント情報

11月18日(土)11:00から500人の方にふるまい豚汁があり、

11月19日(日)11:50からは餅つきと餅のふるまいが行われるようです。

イベント情報

開催場所:ドルフィンポート前広場(ウォーターフロントパーク)

開催期間:2017年11月18日(土)~2017年11月19日(日)

開催時間:10:00~16:00荒天の場合:雨天決行

住所:鹿児島県鹿児島市本港新町5-4

アクセス:

【電車】JR鹿児島中央駅からバスに乗り約8分ドルフィンポート下車徒歩すぐ

【車】九州自動車道鹿児島ICから約15分

駐車場:

有 750台

30分無料、以後30分毎に100円、ドルフィンポートでの飲食・買物により割引有(オーガニックフェスタでの飲食、物販は含まず)

※オーガニックフェスタへの参加は公共交通機関を推奨しています。

お問い合わせ:

TEL 099-258-3374

オーガニックフェスタかごしま実行委員会(鹿児島有機農業協会内)

※マイ皿、マイ箸、エコバックの持参とゴミの持ち帰りを推奨しています。

そこで今回オーガニックフェスタにちなみ、オーガニックについて調べてみました。

オーガニックの意味とは何でしょうか?

それは有機と同じ意味です。

農薬や化学肥料に頼らず、太陽・水・土地・そこに生物などの自然の恵を生かした農林水産業や加工方法をさします。

オーガニックの目的は何でしょうか?

化学農薬・化学肥料、そして環境ホルモンや遺伝子組み換え技術を避けて、自然のままの健全な食物連鎖を目指すものです。

オーガニックは安全なのでしょうか?

オーガニックは、田畑で使う資材を始め、加工食品の添加物についても、可能な限り科学的なを排除していますから、化学的危害リスクは一般の食品に比べて極めて低くなっているため、あくまで「オーガニック食品」は一般の食品より安全と言えます。

オーガニックは美味しいのでしょうか?

一般論としては「オーガニック食品は美味しい」と言えるでしょうが、個々のケースで必ず美味しいかというと、なかなか断言し辛いようです。

一つ言えることは、オーガニック食品は自然に近い味がするという事です。

オーガニックは高価なのでしょうか?

通常、食品の価格を決める要素は、生産コスト、流通経費、点灯での回転率(売れやすさ)、市場性や希少性など様々です。

もし、日本のオーガニック食品が高いとするなら、先に挙げた要素のいずれか(または幾つか)が作用しているからです。

※とくに近年、「オーガニック」という言葉は、モノだけでなく、住居や音楽にも使われているようです。

これは、健康や環境への配慮が食べ物だけにとどまらず、あるがままの自然なライフスタイルを目指す方が増えてきたという事でしょうか。

(2013年5月20日現在)

※日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会参照

まとめ

今回のイベントは、今注目のオーガニックの野菜やフーズなどの販売があったり、すべてオーガニックを使った料理を味わう事も出来たり、

また、「竹で手作りしたアスレチック遊具」などもあり、親子でフェスタを楽しめるようです。ご家族みんなで出かけてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする