【How/What】すごく感情を込めたい時につかうフレーズとは?

英語を習ううえで基礎はとても大事になります。

ここでは、英語初心者(著者も含め)が分かりやすいようにまとめたいと思います。しかし、いかんせん初心者がまとめたものなので、間違っている場合や、ニュアンスが異なる場合がありますのでご容赦ください。

感嘆文とは?

感嘆文とは驚きや感情の高ぶりを表現したい時に使われる文章。「なんて~だろう!」という日本語訳で表せられる。

Howで作られる感嘆文

感嘆文はHowを使って表現することができる。文書の構成は

How + 形容詞or副詞 + 主語 +(助動詞 + )動詞 !

となるが、わかりづらいので簡単な英文を例にとる。

You are very beautiful(君はとてもキレイです)

↓感嘆文に換えると

How beautiful you are!(なんて君はキレイなんだ!)

このように言い換えることができ、感情がこもっている表現となる。

Howの後ろには『形容詞(大きい・キレイerc…)』と『副詞(速く・遅くetc…)』がくることが分かる。

Whatで作られる感嘆文

WhatもHowと同様に感嘆文を作ることができるが、文章の構成が異なる。

What +(a + )形容詞 + 名詞 + 主語 + 動詞 !

となるが、分かりづらいので簡単な英文で例えると、

here is very scary area(ココはとても怖い場所です)

↓これを感嘆文に換える

What (a) scary area here is!(なんて怖い場所なんだココは!)

Whatの後ろには『形容詞(大きい・キレイerc…)』が置かれ、そのあとに『名詞(動物・物の名前etc…)』がくる。

もう少し簡単に説明すると

上記の説明でもいまいちパッとこない人もいるだろう。そこで、もう少し砕けた説明をする。

Howを使った感嘆文を日本語訳すると、

『 (主語) は なんて(形容詞) だろう!』

例:彼 は なんて速い んだろう!

『 (主語) は なんて(副詞+動詞) だろう!』

例:彼 は なんて速く走る んだろう!

Whatを使った感嘆文を日本語訳すると、

『(主語) は  なんて(形容詞)な(名詞)  なんだろう!』

例:彼 は なんて大きな瞳 なんだろう!

例:彼 は なんて勇敢な性格 なんだろう!

感覚的にHowとWhatの使い分けが理解できただろうか?

感嘆文は日常会話でよく使われる表現だ。例えば、観光地で綺麗な景色を見たときや、おいしいものを食べたときなどがそうだろう。外国人は表現力が豊かなので、しっかり自分がどういう性格なのかを表現できるように感嘆文はマスターしておきたい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする