【〇〇est/the most 】英語で『一番〇〇だ』と言いたいときは?

英語を習ううえで基礎はとても大事になります。

ここでは、英語初心者(著者も含め)が分かりやすいようにまとめたいと思います。しかし、いかんせん初心者がまとめたものなので、間違っている場合や、ニュアンスが異なる場合がありますのでご容赦ください。

最上級の表現も覚えていると便利

日常会話のなかでも結構な頻度で使われるフレーズが最上級である。

たとえば、「あなたはクラスの中で一番背が高い」とか、「この鉛筆は世界で最も長い」など、あるものと比較したなかで一番〇〇である。と言いたいときに使うことができる。

比較の表現はとてもよく使われるし便利なので、ぜひ覚えておきたいフレーズの一つだ。

the ~(最上級)est in・of … 【…の中で最も~だ】

最上級の表現の基本の形は『the ~(最上級) in・of … 』となる。

ここで、最上級ってなに?と疑問に思う人も少なく無いだろう。

最上級には2つパターンがあり、まずは形容詞or副詞の最後にest を付け加えるパターンから紹介していく。(2つ目のパターンは後ほど記述する)

単語の最後のスペルによっては、estだけでなく、『iest 』・『最後のスペル+est』に変化する場合もあるので注意が必要だ。

このように英語ではよく変化する単語があり、私達初心者には小難しいと感じてしまうポイントの一つだが、初心者を抜け出すためにも少しずつ覚えていこう。

それでは、実際の例文を見てより理解を深めていこう。

【形容詞を用いた最上級の表現】

You are the tallest in  the school.
「あなたはこの学校で一番背が高い」

【副詞を用いた最上級の表現】

You can run the fastest of the five.
「あなたは5人の中で一番早く走れる」

このように、the (形容詞or副詞) in/of という基本の方に当てはめることで最上級の表現をすることができる。

形容詞の例文では、tallが最上級に変化してthe tallestとなっている。

副詞の例文では、動詞の後の fast が最上級に変化して the fastest となっている。

the most~(最上級) in・of … 【…の中で最も~だ】

2つ目のパターンには、形容詞or副詞の前に the most を付け加えるパターンがある。

こちらも実際に例文を見ていくとしよう。

【形容詞を用いた最上級の表現】

This quiz is the most difficult in the world.
「このクイズは世界でもっとも難しい」

She is the most beautiful of one handred

「彼女は100人の中で最も美しい」

このように、長い単語の場合は the most を使って表現する。

長い単語については以下の記事で説明している。この他の長い単語も紹介してるのでぜひ見てほしい。

【〇〇er/more  than】英語で『~より〇〇だ』と比較したい時はどう言うの?

ちなみに、in/ofの使い分けとしては比較対象が1つの場合はin、比較対象が複数の場合はof を使うので、覚えておこう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする