【2017年】沿道の声援から見た第2回鹿児島マラソン

2017年3月5日(日)8時30分小雨の降る中、フルマラソンおよそ1万人、8.9キロのファンランにおよそ2000人が出走しました。

昨年(2016年)の鹿児島マラソンは、中継を見るだけで応援には行かなかったのですが、今年は知人の応援も兼ねて、天文館の電車通りに応援に行きました。

9時位には天文館のマルヤガーデン前に到着。良いタイミングでトップのランナーの方たちが、次々と元気に通過していきました。

通過して行くランナーの方のゼッケンを見るとAの〇〇〇〇〇と番号が書かれていました。ちなみに私の知人は、Fから始まる番号だったので、まだまだ来ないと思い応援に来られる沿道の方たちに目を向けてみました。

沿道からの応援も様々でした。娘さんの応援に来られていたお母さん。娘さんは走りながらお母さんの声にビックリした様子でニッコリ。頑張っている我が子に「無理をしないでね!」と応援していました。

応援

お天気が悪かったので、娘さんがお母さんに「応援に来なくてもいいからね」と伝えていたのかな?と思ったり、「来なくてもいいよ」と言っていても、もしかしたら応援に来てくれているかもと思い、沿道の方を気にかけていたから大勢の中のお母さんの声に気付くことができたのかなあ?とか、色々考えてしまいました。

また、ご主人を応援に来られた奥様。ご主人のガッツポーズがとても印象的で、言葉は無く、目と目とで会話かな?とても羨ましく感じました。

沿道からの応援で一番目を引いたのは香港の応援の方たちでした。香港の旗が風になびき、母国のランナーの方も旗を見つけると沿道まで近寄り、ハイタッチをしたり、お礼を言ったりして、とても微笑ましい光景で私も「頑張ってえ」と応援していました。(^^♪

ランナー

雨が思った以上に降り出してきて、ランナーの方は大丈夫かなあと心配しつつ、大勢の中から知人を見つけられるか心配していましたが、知人の方が気付いてくれ無事応援する事ができました。

結果、知人も悪天候の中無事7時間以内で完走することが出来ました。知人曰く、雨のせいで体温が上がらず寒かったのと、靴が濡れて走りにくく歩いたとは言っていましたが、「それでも完走した事は凄い!」と思いました。

ちなみに走るのに一番重要なのは靴みたいです。知人は今回、20年ぶりのフルマラソン参加の為に購入した靴と声援のおかげで無事完走出来たと言っていました。

2017年第2回鹿児島フルマラソン男子・女子3位迄の結果

男子の結果

順位

選手名

所属

記録(タイム)

1位

飛松 祐輔

鹿児島城西高校教論

2:15:32

2位

加藤 泰智

トヨタ自動車九州

2:16:55

3位

中村 高洋

京セラ鹿児島

2:17:51

参照:鹿児島マラソン2017結果 The Run

女子の結果

順位

選手名

所属

記録(タイム)

1位

崎浜 絵美

ナンチク

2:48:22

2位

坂口 一美

2:54:16

3位

松本 久昌

2:57:10

参照:鹿児島マラソン2017結果 The Run

まとめ

応援グッズ

ゴールされたランナーの方々が、「辛くてくじけそうな時、沿道からの声援が嬉しく頑張れました」と言われているのを聞き、沿道での声援が大きなパワーを持っている事に驚きました。

また今回の鹿児島マラソンは、雨の中、最高気温が平年より3.3度低い12.4度だった為、低体温症とみられる症状などのランナーが相次いだようでした。

結果、この悪天候にも負けず男子・女子ともに記録は更新。尚且つ男子・女子ともに1位は鹿児島出身の方でした。素晴らしいです。

今回鹿児島マラソンに参加されたランナーの方々・ボランティアの方々本当にお疲れ様でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする