バレンタイン・デー本来の意味

今までバレンタインデーと言えば、「女性が男性にチョコレートを渡して愛を告白をする日」とだけしか考えていませんでしたが、本来の意味を調べてみました。

バレンタイン・デーは、英語では「Saint Valentine’s Day」、訳せば「聖バレンタインの日」という意味です。つまり、バレンタインというのは、人の名前なのです。

バレンタインとはどのような人?

西暦3世紀のローマの皇帝クラウディウス二世(在位268-270)は国の為に戦争に行く若者たちが、結婚をして家庭が出来ると、自分の家族や愛する人達を置いて戦争に生きたがらなくなるのを防ぐために、結婚を禁止しました。

ところが、インテラムナ(イタリア中部にある町で、現在のテルニ)のキリスト教師祭であるバレンティヌス(バレンタイン)がかわいそうな兵士たちをみかねて、内緒で結婚をさせていました。それが、皇帝に知られてしまいました。当時のローマでは、キリスト教が迫害されており、皇帝は、バレンティヌスに罪を認めさせてローマの宗教に改宗させようとしましたが、バレンティヌスは拒否しました。そこで、投獄され、ついには西暦269年2月14日に、処刑されてしまいました。

スポンサーリンク

バレンタインデーの始まりは?

ローマではルペルクスという豊穣(ほうじょう)の神のためにルペルカーリアというお祭りが何百年ものあいだ行われていました。

ルペルカーリアの祭りとは?

毎年2月14日の夕方になると、若い未婚女性たちの名前が書かれた紙が入れ物に入れられ、祭が始まる翌15日には男性たちがその紙を引いて、あたった娘と祭の間、時には1年間も付き合いをするというものです。翌年になると、また同じようにくじ引きをします。

496年になって、若者たちの風紀の乱れを憂えた当時の教皇ゲラシウス一世は、ルペルカーリア祭を禁じました新しいくじ引きとは、女性の代わりに聖人の名前を引かせ、1年間のあいだその聖人の人生にならった生き方をするように励ますものです。

そして、200年ほど前のちょうどこのお祭りの頃に殉教していた聖バレンティヌス(バレンタイン)を、新しい行事の守護聖人としたのです。

※殉教(じゅんきょう)とは、自分の信ずる宗教のために命を捨てる事です。

バレンティヌス(バレンタイン)は、獄中でも恐れずに看守たちに引き続き神の愛を語り続けました。言い伝えによると、ある看守に目の不自由な娘がおり、親しくなったバレンティヌスが彼女のために祈ると、奇跡的に目が見えるようになったのです。これがきっかけとなり、バレンティヌスは処刑されてしまうのですが、死ぬ前に「あなたのバレンティヌスより」と署名した手紙を彼女に残したそうです。

そのうち、若い男性が自分の好きな女性に、愛の気持ちをつづった手紙を2月14日にだすようになり、これが次第に広まっていきました。

なぜチョコを送るの?

欧米では、恋人や友達、家族などがお互いにカードや花束、お菓子などを贈りますが、日本ではなぜチョコレートを送るのでしょうか?

女性が男性にチョコレートを贈るのは、日本独自の習慣です。1958年に東京都内のデパートで開かれたバレンタイン・セールで、チョコレート業者が行ったキャンペーンが始まりだそうです。そして、今ではチョコレートといえばバレンタイン・デーの象徴のようになってしまいました。

バレンタイン・デー日本と外国の大きな違いは?

 

日本・韓国は女性から男性へチョコレートなどを贈りますが、中国・ベトナム・フィリピンでは、男性から女性へ贈り物をします。

まとめ

いままで2月14日は、娘の誕生日がメインだったのですが、今回調べてみてバレンタインは人の名前だった事、またバレンタインデーは全国的に、女性から男性へチョコレートをおくり告白する日だと思っていましたが、国によって男性から女性へ贈り物をするという大きな違いがわかりました。

もしあなたが、日本以外の方へ2月14日にプレゼント(告白)をする場合は十分に気をつけてください!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする