2018年7月22日鹿児島の祇園祭「おぎおんさぁ」開催

総勢3,000人の行列が練り歩く鹿児島の祇園祭「おぎおんさぁ」2018年7月22日開催!!

おぎおんさぁ(祇園祭)とは、鹿児島市の繁華街である天文館で行われている伝統的な夏祭りのことです。また、平成24年7月には鹿児島市より無形民族文化財に指定されております。

祭りの見ものはご神幸行列で、鹿児島市内の目抜き通りを歩行者天国として、約2キロ、総勢3,000人の行列が、古式ゆかしく、そして賑やかに練り歩き、壮観・荘厳な趣を漂わせています。

おぎおんさぁの歴史

祇園祭は、平安時代、夏に全国で大流行する疫病の惨害を免れようとして、御霊を祓う神事を行ったことに由来しています。

おぎおんさぁの行列

行列は中央公園で発幸祭を行った後、天文館の電車通りを練り歩きます。総勢3,000人のご神幸行列は壮観です。

神輿紹介

男神輿6基、女神輿4基、合計10基の大人神輿が「ソイヤッ!ソイヤッ!」と威勢のいい掛け声を響かせて練り歩きます。

豆知識

道行く人のご加護を祈念する「御玉串」、お子様の無病息災を願う「稚児上げ」など、見どころ盛りだくさんです。

おぎおんさぁイベント情報

住所:鹿児島県鹿児島市

電話番号:099-225-9533(鹿児島おぎおんさぁ振興会(鹿児島商工会議所内))

開催日:宵際 平成30年7月21日(土)

本祭:平成30年7月22日(日)

場所:宵際: 中央公園(鹿児島市山下町)

本祭: 中央公園→天文館電車通り(高見馬場~朝日通)

アクセス:JR鹿児島中央駅から徒歩約17分

JR鹿児島駅から徒歩で約10分

駐車場:なし

平成30年7月21日(土)宵際情報

八坂神社にて社頭祭を執り行った後、「宮出し」にて神輿が出発します。威勢よく賑やかに天文館商店街等で神輿が練りを行い、街を活気づけます。

夕方からは、中央公園の特設ステージで、様々な舞台イベントや本祭のご神幸行列の紹介、和太鼓の演奏などを行います。公園内には、神輿や山車の展示、飲食店コーナーや縁日コーナーも用意し、”おぎおんさぁ”を身近に感じ、楽しんでいただけます。

平成30年7月22日(日)本祭情報

天文館電車通りを歩行者天国にし、約2.5㎞の道のりを総勢3,000人のご神幸行列が、壮観・荘厳な趣を漂わせながら巡業し、無病息災・商売繁昌を祈願します。

麻・鉾の長い竹竿を肩・腕・額・あご・手のひらなどに載せる祇園傘・大鉾の妙技など、おぎおんさぁならではの、見どころがいっぱいです。歴史ある鹿児島の伝統行事を体験し、肌で感じていただけます。

おぎおんさぁの祭りをテーマにした、フォトコンテストを開催作品募集!

 

【テーマ】2018年おぎおんさぁの祭りの風景

賞品

【特選/1点】賞状・賞金3万円・副賞

【優良/2点】賞状・賞金1万円

【入選/数点】賞状・商品券5千円

【佳作/数点】賞状

応募締切

平成30年8月2日(木)必着

審査発表

平成30年8月下旬予定

※入賞者には直接連絡します。

作品応募について

【サイズ】

四つ切り254×305㎜(ワイド四つ切りも可)を上限とします。

※モノクロ・カラーのいずれも可

【出展点数】

2018おぎおんさぁ(宵祭含む)の写真3点以内

【応募上の注意】

・応募作品の版権は主催者に帰属します。

・応募作品は原則としてご返却致しません。

・特選・入選・佳作・その他の作品は、一般公開の予定です。

・応募作品は、未発表のもので、同一作品が他のコンテストなどへ応募中、または応募・発表予定のないものに限ります。

【撮影上の注意】

・お祭りの参加者や観覧者の方々の安全に十分配慮した撮影をお願いします。

・行列進行をスムーズに行う為、現場係員の支持に従って撮影を行ってください。

郵送応募

応募票に題名等を記入して、各写真の裏面に歯って下記住所まで送付してください。

【応募先】

〒892-8588

鹿児島市東千石町1-38 鹿児島商工会議所ビル14階

鹿児島おぎおんさぁ振興会 フォトコンテスト係

※応募票をダウンロードしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする