鹿児島の仙台と錦江湾サマーナイトの花火大会が2017年も始まる!

夏と言えば花火ですね。お国が違えば花火も違うようです。

花火の歴史自体はヨーロッパの方が古く16世紀頃には打ち上げられていたようです。

花火の構造は日本とヨーロッパでは違い、日本は丸い花火玉を打ち上げますが、ヨーロッパは筒形のシリンダータイプで、貴族が城の中で打ち上げたので高度は低いようです。

海外では「音に対する感覚」が強く、日本だと花火が爆発する音だけを楽しむということはありませんが、特にイタリアやスペインでは大きな音がしないとブーイングが来るらしいです。

※轟音だけを競うコンテストもあるようですよ。

鹿児島の花火大会を紹介します。

第59回川内花火大会

川内花火大会は九州三大河川の一つである市内中心部を流れる川内川を横断する巨大なナイアガラ(1000m)。流れる火の粉が川面に映り一面銀世界になるので有名です。

開催概要

開催日時:2017年8月16日(水)

※荒天時は8月18日(金)に延期

時間:19時40分~21時10分頃

主会場:川内川太平橋下流・河原敷一帯

雨天時:荒天時は2017年8月18日(金)に延期

入場料金:花火大会入場料金は無料

有料席:有

    イス席(1名、薩摩川内特選弁当+お茶付)2500円

    テーブル席A(4名まで、オードブル4名盛り+お茶付)1万5000円

    テーブル席B(6名まで、オードブル6名盛り+お茶付)2万円

    ※川内商工会議所公式サイト確認してください。

打ち上げ数:1万発

駐車場:有/2000台。無料臨時駐車場

   ※駐車スペースに限りがあるのでなるべく公共交通機関を利用してください。

交通規制:有/17時~22時、会場周辺で車両進入禁止(予定)

問い合わせ先:0996-22-2267/仙台商工会議所

鹿児島錦江湾サマーナイト花火大会

世界有数の活火山桜島と波静かな錦江湾という世界に誇れる自然景観を背景に開催する九州最大級の花火大会です。

今回の目玉は、九州初の2尺玉4発同時打ち上げで、開花直径約480mの4つの花火が夜空を埋め尽くすようですよ。

また、大会初となるフルカラーレーザーによる演出を加えた音楽花火も必見のようですよ。

開催概要

花火の打ち上げ数:約15,000発

【有料観覧席】

場所:鹿児島港本港区北ふ頭

料金:椅子自由席1席2,500円(3歳以下で席が不要なお子様は1名に限り無料)

販売方法:ファミリーマート店頭やインターネットで6月初旬から販売開始

    (詳細は随時公式HP等で公開)

※今回の有料観覧席は、かごしま水族館の入館料割引や入館時の特典付きです。花火と一緒に楽しめますよ。

開催日:平成29年8月19日(土)小雨決行。荒天時未定。

開催時間:大会セレモニー19:20~19:30

     花火打ち上げ19:30~20:40

開催場所:鹿児島港本港区

駐車場:大会専用駐車場は無し。交通機関をご利用ください。

料金:無料

川内花火大会もサマーナイト花火大会も多くの人が予想されるので、有料席に座って花火を鑑賞できたらよいですね。

みなさん夏の風物詩「花火」を楽しんで下さいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする